PR

本広告は、一定期間更新の無いブログにのみ表示されます。
ブログ更新が行われると本広告は非表示となります。

  
Posted by つくばちゃんねるブログ at

2009年07月31日

夏ですね

暑いです。

バテてしまいそうですが、最近は頑張って、なんとか朝起きて朝食をとるようにしてます。

すると、台所に自然と生ものが増えます。

ゆえに、エンカウント率が増えました。あの黒い悪魔との。

というわけで意を決して、シンク回りと、入居して以来目を背けてきたガスコンロ下の掃除をすることにしました。


ガスコンロをどけると、そこは地獄絵図だった。(©川端康成)


何も見なかったことにしてガスコンロを戻したい衝動を必死に抑えつつ、
クレンザーを大量消費して汚れを落としました。

その後、ソッコーでガスコンロ用の下敷きを買ってきて敷きました。掃除はこまめに。重要です。テストに出ます。


というわけで、今日は読書感想文。最近読んだ本を3冊ほど。
  »続きを読む

Posted by t-sa at 22:09Comments(2)読書

2009年07月30日

Long time no play

そんなに無駄遣いしてないはずなのになぜかお金が尽きてきたので、
ゲームやらDVDやらを売りにワ〇グーへ。
  »続きを読む

Posted by t-sa at 22:01Comments(0)ゲーム

2009年07月28日

ブリッジ

今日は朝から友人たちが進めている企画のビラを切ったり事務に持ってったり。

手分けしてビラを事務に持ってくことになったんだが、
医専の事務が棟の改装工事中で移転してて、不慣れな医専の敷地内をさまようことに。

しかも随所の扉が、いったん建物を出てしまうとICカードを持ってない限り施錠されて入れないというゼルダ仕様。

やっと事務を見つけたときには、頭の中にゼルダの謎解き音が流れました。


というわけで今日の映画感想文。

『ブリッジ』(2007年 監督:エリック・スティール)

毎日多くの観光客が訪れる観光名所にして、世界最多とも言われる自殺の名所でもある、アメリカ、サンフランシスコのゴールデン・ゲート・ブリッジ。2004年から2005年にかけての1年間、この橋を撮り続け、そこで身を投げていった人たちの姿と、その遺族や友人たちへのインタビューを収めたドキュメンタリー。  »続きを読む

Posted by t-sa at 01:38Comments(1)映画

2009年07月26日

隅田川花火大会へ

行ってきた。昨日の話。  »続きを読む

Posted by t-sa at 22:12Comments(4)雑記

2009年07月24日

後悔先に立たず

以前、ESET Smart Securityのバグが云々と愚痴を垂れたことがあったが。


このブログで一番目立つ広告が、ESETのバナーであることに今さら気づいた。遅過ぎて欠伸が出るぜ!


・・・えー、すいません。営業妨害するつもりはなかったんです。本当です。バージョン4にアップデートしてから問題なく動いてます。本当すいませんでした>つくばちゃんねる、eset、およびキヤノンの皆様方。


教訓:感情的な文章は一晩寝かせて読み直してからアップしましょう。  

Posted by t-sa at 22:46Comments(0)雑記

2009年07月22日

マルサの女

閑(しずか)さや 岩にしみ入 蝉の声


とは芭蕉の句ですが。


しみ入らねーよ! 反響してよけい暑苦しいわ!

まったく芭蕉も適当なことばっかり言いよってからに。
(※歌壇への挑戦とかではないです)


というわけで今日の映画感想文。

『マルサの女』(1987年 監督:伊丹十三 主演:宮本信子、山崎努)

港町税務署に勤める敏腕調査官・板倉亮子。プロ意識をもって、情を挟まず、正確に税金を取り立てることを誇りにする彼女は、ある雨の日、雨宿りに駆け込んだラブホテルの駐車場の様子をきっかけに、そのホテルの経営者・権藤が巨額の脱税をしていることを見抜く。上司の許可を得て、単身、権藤のもとに乗り込んだ亮子は、しかし巧みな権藤の脱税工作と、権藤と懇意にしているヤクザの脅しにより、手を引くことを余儀なくされる。その数ヶ月後。今までの功績が認められ、亮子は国税局査察部、通称「マルサ」へと栄転し、再び権藤と対決する機会を得る・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 23:09Comments(2)映画

2009年07月20日

ダメージ シーズン1

夜の8時頃に外出したら、びっくりするくらい涼しかった。

これから走るのは夜にしようかな・・・


というわけで今日はドラマ感想文。

『ダメージ シーズン1』(2007年 全13話 主演:グレン・クローズ、ローズ・バーン)

2007年、ニューヨークで、半裸の上に血まみれで街をさまよっていた女性が警察に保護された。彼女の名はエレン・パーソンズ。事件性を感じて彼女の自宅に踏み込んだ捜査官たちは、そこで彼女の婚約者・デービッドの死体を発見する。
その6か月前。ロー・スクールを卒業したばかりのエレンは、高名な女性弁護士、パティ・ヒューズの法律事務所に採用される。折しもヒューズ法律事務所では、株の不正取引の嫌疑をかけられた大富豪・フロビシャーを相手取った民事裁判の準備の最中であり、エレンもそのチームに組み込まれる。奮起して仕事に励むエレンだったが、勝つためには手段を選ばない、苛烈なパティのやり方を目の当たりにし、徐々にその影に呑みこまれていく・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 23:43Comments(0)ドラマ

2009年07月19日

敢えて言おう

思わぬ非難の声 レギンス論争


履いてるほうが良いと。  

Posted by t-sa at 20:39Comments(1)雑記
スポーツやってたり、肌が弱かったりで、
生傷・擦り傷が絶えない。

そういう傷にキズパワーパッドが効果が高いのは知ってるが、
値段が高いのでそうそう買ってられない。

という方のために、キズパワーパッドの代用品の簡単な作り方をご紹介します。  »続きを読む

Posted by t-sa at 22:18Comments(5)雑記
昨日、初めて天下一品ラーメンに行ってきた。

ええ、もちろん頼みましたよ。

「あっさり」を。

・・・負け戦はしない主義なので。


というわけで今日の映画感想文。

『インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア』(1994年 監督:二ール・ジョーダン 主演:ブラッド・ピット、トム・クルーズ)

1791年、アメリカ合衆国、ニューオーリンズ。妻を亡くし、自暴自棄になっていた若き農場主、ルイは、ある夜レスタトという名の男に出会う。レスタトは不老不死の体を持ち、人の生き血を啜って闇に生きる吸血鬼(ヴァンパイア)だった。悲しみから逃れる術を求めるルイは、レスタトの誘惑に負け、自らもヴァンパイアと化す。だが、人を狩るのを楽しんですらいるレスタトに対して、ルイは人の心を捨て切れず苦悩する。そんなある日、彼らはペストによって両親と死に別れた少女、クローディアと出会い、彼女をも自分たちの仲間に引き入れる・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 14:56Comments(0)映画
モダンでキッチュな超リアル『スマブラ』コスプレ写真集


リンクがどう見てもジャンキーですw

そしてドンキーコング完全に別の生き物だろこれw  

Posted by t-sa at 21:48Comments(2)ゲーム

2009年07月16日

造花の蜜

刺激物を避けて、常にヴィ〇クスを舐めてたら、
1日で喉の痛みがほとんど取れた。

ありがとう大正〇薬。


というわけで今日は読書感想文。

『造花の蜜』(2008年 著者:連城三紀彦 角川春樹事務所)
  »続きを読む

Posted by t-sa at 17:23Comments(0)読書

2009年07月15日

自業自得

暑いからってパンツ一丁で扇風機つけっぱなしのまま昼寝してたら、
見事に喉を痛めた。俺のバカ。

いよいよクーラーが使えない・・・皆さんも夏風邪にはご注意を。  

Posted by t-sa at 22:19Comments(2)雑記
あづーい。

扇風機をつけても、送られてくる風が生ぬるい。
クーラー使いたくないんだけどなあ・・・

あ、一昨日の結婚式は、新郎は格好いいわ新婦は綺麗だわで非常に良かったです。
末永くお幸せに。


というわけで今日の映画感想文。

『アナザーエフェクト 11:59』(2005年 監督:ジャミン・ウィナンズ 主演:レイモンド・アンドリュー・ベイリー)

持病の喘息に悩まされながら、テレビ局で報道カメラマンとして働く主人公、アーロン。2005年10月13日、「月曜日」。彼は長い下積みの末に、連続少女殺害事件の容疑者が逮捕される瞬間のスクープ映像をものにし、プロデューサーのアデルから、翌日本社の幹部が訪れ、正式に映像記者のチーフに任命されることを伝えられる。だがその夜、飲みに寄ったクラブの駐車場で、日付が変わる直前の11時59分、アーロンは激しい耳鳴りに襲われ、意識を失う。次に目覚めたとき、彼は街から遠く離れた野原の真ん中に横たわっていた。わけがわからないまま、ヒッチハイクで自宅に戻ったアーロンは、今日が「水曜日」であることを知り、愕然とする。幹部との会合をすっぽかし、自分が追い詰めた容疑者の罪状認否の映像まで撮り損ねたアーロンは、アデルから停職を言い渡される。失意のまま、深夜の街をさまようアーロン。そして、11時59分。彼は再び耳鳴りに襲われ、また野原で目を覚ます。パニックに襲われながら家に戻ったアーロンは、今日が「火曜日」であることを知る・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 21:15Comments(0)映画

2009年07月12日

アイアンマン

今日はこれから先輩の結婚式の2次会に参加してきます。

こういう場に呼ばれるのは初めて。
しかも会場は原宿のカフェでドレスコードは「セミフォーマル(ビジネスカジュアル)」な感じで、だそうで。

難易度高えー。

とりあえず、ご結婚されるお二人に恥だけはかかせないように頑張ってきます。


というわけで今日の映画感想文。

『アイアンマン』(2008年 監督:ジョン・ファヴロー 主演:ロバート・ダウニー・Jr)

天才的発明家にして、世界有数の軍事企業「スターク・インダストリーズ」の社長を務める男、トニー・スターク。「自国を守るため」と信じて疑わず、その頭脳で数々の兵器を生み出してきた彼は、アフガンでの兵器デモの直後にテロリストに誘拐され、そこで横流しされた自社の兵器が、虐殺に使われている現実を知る。「命が惜しければ俺たちに兵器を作れ」というテロリストの目を盗み、同じく囚われの身となっていた科学者・インセンの協力を得て、試作型のパワードスーツを製作したスタークは脱出に成功するが、その際の時間稼ぎでインセンは命を落としてしまう。「命を無駄にするな」というインセンの最期の言葉を胸にアメリカに帰還したスタークは、即座に自社の兵器製造・販売を中止。これまで自分が世界にバラまいてきた兵器を根絶するため、最強のパワードスーツを独力で造り上げる・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 12:29Comments(0)映画
こないだ観た『デクスター』に、
「ハリーには感謝している。彼がいなければ今ごろ俺はただの人殺しだ」
というようなセリフがあって、なんかどっかで聞いたことあるような気がしていた。


なんだっけなー。

































なんかこうどっかで読んだことがあるような・・・































そうだ! 思い出し












というわけで今日の映画感想文。

『インクレディブル・ハルク』(2008年 監督:ルイ・レテリエ 主演:エドワード・ノートン、リヴ・タイラー)

放射能耐性を強化する人体実験のせいで、感情の昂りや急激な運動による心拍数の上昇によって、凶暴な怪物「ハルク」へと変身してしまう体になった科学者、ブルース・バナー。彼は自らの肉体を軍事利用しようとする米軍の追跡を逃れ、ポルトガルで治療の方法を模索していたが、あることがきっかけで居所をつかまれ、再び追われる身となってしまう。だがそれと同時に、彼の体に興味を持ち、協力してくれる「ミスター・ブルー」から、自分に行われた実験の詳細なデータさえあれば、治癒の可能性があることを示唆される。一縷の望みを賭け、ブルースは危険を犯して、かつての恋人ベティと米軍が待ち受ける、アメリカへ戻ることを決意する・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 12:44Comments(0)映画

2009年07月10日

ついつい

買ってしまいました。

ええ、親の金ですがなにか?


ピロウズを語れるほど聴いてないので詳しい感想は割愛するが、とりあえず。
名盤です。  

Posted by t-sa at 22:45Comments(0)音楽

2009年07月09日

イースタン・プロミス

ジョギングしてたっぷり汗をかいて、
さあガツンと熱いシャワーを浴びてさっぱりしようと思ったら、
貯水槽が故障して水が止まってた。

復旧したのは2時間後。もちろん汗はとっくの昔に引いた後。

僕の至福の時間を返せこのやろう。


というわけで今日の映画感想文。

『イースタン・プロミス』(2007年 監督:デヴィッド・クローネンバーグ 主演:ヴィゴ・モーテンセン、ナオミ・ワッツ)

ロンドンで働く助産師の女性・アンナ。ある日、彼女が働く病院に胎盤剥離を起こしたロシア人の少女が運び込まれ、女の子を出産した後、亡くなった。自身の子供を流産した経験を持つアンナは、赤ん坊の親族を捜すため、ロシア語で書かれた少女の日記をこっそりと持ち出す。日記にはさまっていたカードを頼りに、あるロシア料理店に出向いたアンナは、そこでその店の店主と、店主の息子のキリル、そしてキリルの運転手を務める男性・ニコライと出会う。「日記を翻訳してあげるから持ってきなさい」という店主の言葉に不穏な空気を感じ取り、ロシア人である伯父を説得して独自に翻訳を始めたアンナは、死んだ少女がロシアン・マフィア「法の泥棒」の元で売春をやらされており、料理店の店主たちこそが、その一員であることを知る・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 22:40Comments(0)映画
雨が降ると気温が下がるのはいいんだが、
湿度が。汗が。皮膚が。

とりあえずフェイスシート買ってきたが、肌が脆弱なのでなるべく使いたくない。

あーもう、こんなじめじめした国に住んでるから日本人は湿っぽいんだ!!(論点ずれてる上に暴言)


というわけで、今日は初のドラマ感想文。

『デクスター シーズン1』(2006年 全12話 主演:マイケル・C・ホール)

マイアミ警察署に勤める血痕飛散専門の鑑識官、デクスター・モーガン。有能かつ温厚な性格で、周囲の信頼も篤い彼には、誰にも明かせない秘密の顔があった。彼は、自らの抑えきれない殺人衝動を満たすため、夜な夜な凶悪犯を殺して回る、連続殺人鬼だったのだ・・・  »続きを読む

Posted by t-sa at 11:06Comments(2)ドラマ

2009年07月08日

スターダスト

t-sa  は バイト に いった!

そっきん だとおもったら ごじつふりこみ だった!

よきんざんだか が つきた!

t-sa は さいごのしゅだん 「おやにたよる」 を つかった!

ぱらららっ ぱっ ぱっ ぱー(ファンファーレ)

ひととして の レベルが さがった!

よきんざんだか が ふえた!

けいかくせい の なさ が ろていした!

じこけんお の どあい が ました!

じごくにおちる かくりつ が あがった!


というわけで何事もなかったかのように今日の映画感想文。

『スターダスト』(2007年 監督:マシュー・ヴォーン 主演:チャーリー・コックス、クレア・デインズ)
中世、イングランドにある田舎町・ウォール。その名の通り町の外れに存在する長大な「壁」の向こうには、魔法が存在する広大な王国・ストームホールドがあった。ウォールに住む青年・トリスタンは、自らが恋をしている女性・ヴィクトリアのために、「壁」の向こうに落ちた流れ星を拾ってくるという約束をする。父の協力を得て「壁」を超えたトリスタンは、流れ星が落ちた場所で、ルビーのネックレスを身に付けた美しい女性・イヴェインと出会う。「この辺に流れ星が落ちたんだが、知らないか?」と尋ねるトリスタンに、彼女は笑って「それは私のことよ」と答えた。イヴェインは、死の床にあったストームホールド国王が、次の国王を決めるために解き放った「王家のルビー」に絡め捕られて空から落ちてきた、星の化身だったのだ・・・
(ネタバレあるので一部伏字)  »続きを読む

Posted by t-sa at 01:30Comments(0)映画
たいさの最近観たビデオ
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
プロフィール
t-sa